• 4万円(税別)以下ノートPC
  • 5万円(税別)以下ノートPC
  • 限定特価セール(価格指定なし)

    1000台限定!決算利益還元大特価セールThinkPad E440まとめ

    前記事でも紹介しましたが、1年の中でも早々無い大特価セールなので、少しまとめてみました。

    ThinkPad E440(14型)シリーズの構成としては、CPUの違いでエントリーモデル、コストパフォマンスモデル、バリューパッケージモデル、Office搭載のプリインストールモデルが並んでいます。

    Office搭載機もお買い得になっていますが、今回、特にお買い得度が高いのがOfficeなしの通常版です。

    また、直販ならではの特典として、カスタマイズが出来ますので、予算に余裕がある方はカスタマイズもお勧めです。

    エントリーモデル:
    Windows8/Celeron 2950M/メモリ2GB/HDD 320GB/DVDスーパーマルチ/27,540円
    Windows8/Celeron 2950M/メモリ4GB/HDD 320GB/DVDスーパーマルチ/29,700円(メモリ4GBに増設)
    Windows8/Celeron 2950M/メモリ8GB/HDD 320GB/DVDスーパーマルチ/36,180円(メモリ8GBに増設)

    コストパフォマンスモデル:
    Windows8/Core i3-4000M/メモリ4GB/HDD 320GB/DVDスーパーマルチ/39,960円
    Windows8/Core i3-4000M/メモリ8GB/HDD 320GB/DVDスーパーマルチ/46,440円(メモリ8GBに増設)

    バリューパッケージモデル:
    Windows8/Core i5-4210M/メモリ4GB/HDD 320GB/DVDスーパーマルチ/49,680円
    Windows8/Core i5-4210M/メモリ8GB/HDD 320GB/DVDスーパーマルチ/56,160円(メモリ8GBに増設)
    Windows8/Core i7-4712MQ/メモリ4GB/HDD 320GB/DVDスーパーマルチ/65,880円(CPUアップCore i7-4712MQ)

    その他お勧めのカスタマイズ費用:HD+液晶(1600×900) +5400円、指紋センサー +1,080円、HDD500GB +1,080円、1TB +5,400円、バッテリー(62Wh) 1,080円など。

    この中でもエントリーモデルは特に安いです。低価格帯は値下げ幅が少なくなりますので、3万円以下でどーんと出るのは稀です。

    特別重たい作業をする予定がない人は、エントリーモデルでも十分だと思います。余裕を見て、メモリは4GB以上はあったほうがいいと思いますので、そのあたりはお好みでご選択下さい。

    他にもカスタマイズできますが、何気にこの機種は、バッテリー駆動時間約7.7時間と長時間になっていますので、さらにバッテリーの容量アップ(1,080円)なんかも安くて意外といいかもしれません。

    せっかくCore iシリーズも安くなっていますので、予算に余裕があるのなら、コストパフォマンスモデルやバリューパッケージモデルもお勧めです。大は小を兼ねますので、スペックに余裕があって困る事はありませんので。

    自分でメモリ増設ができないという方は、こういうチャンスは滅多にありませんので、安くカスタマイズできます。(今はメモリ自体が高騰していますので、自分でやっても安くないんですけどね。)

    »ThinkPad E440シリーズ

    オススメ例)
    エントリーモデル+液晶(1600×900)+メモリ4GB+6セル Li-Ion バッテリー(62Wh):36,180円
    液晶UPに関しては、外付けで液晶モニター使って、デュアルモニターでやる人は不要かなと思います。ハードディスクも外付けの方がデータ移動やバックアップ取れたり、何かと便利なので、増量は不要かと。安く仕上げるなら、その場合は30,780円。

    ※記事作成時の価格を元に作成しています。最新価格はリンク先をご確認下さい。広告品・セール品など、売り切れ、価格変更があります。


    NEC Direct(NECダイレクト)
    • モニターサイズ別ノートパソコンの選び方※あくまで目安です。
      ノートパソコン選び方

      予算ではなく、まず必要なサイズを決める事をお薦めします。据え置きメインで利用するのか、頻繁に持ち運びするのかで変わります。また、当然ながら画面(サイズ)が大きいほど見やすくなります。

      10.1インチは、コンパクトサイズで持ち運び向き、バッテリー駆動時間も長時間のものが用意されていますが、スペック的に制限がありますので、メインとして使うよりもサブPC向きです。
      ※10.1ネットブックは、一時期流行りましたが、各社取り扱いが縮小しています。現在小型PCは、タブレットPC、2 in 1ノートが中心になります。
      関連サイト:タブレットPC特価ナビ(タブレットPCと2 in 1ノートの特価品をご紹介)

      テンキー

      安くてもある程度のスペックを求めたい人は、オールインワンタイプ(光学ドライブ内蔵)の15.6インチです。軽量やコンパクトではないですが、値段の割に高いスペックのPCも多くあります。15.6インチ以上のサイズでは、テンキー(キーボード右側にある数字入力)がありますので、事務処理や数字入力が多い方はこのサイズです。(外付けでも購入できますが。)
      ※光学ドライブ:CD・DVD・ブルーレイドライブ等

      14インチ以下では、キーピッチ的に配置が厳しくなりますので、基本的にテンキーはありません。

      14インチは光学ドライブを搭載する機種と搭載しない機種があり、最近の流れとしては、光学ドライブは必要性が薄れていますので、価格と重量重視で、非搭載モデルも増えています。光学ドライブも外付けで購入できます。(2,000-3,000円)

      12~14インチあたりは、モバイル性は高くなりますが、ノートPCにCPUなどの性能だけでなく、薄さ、軽さなどを求めるなら、必然的に価格は高くなります。(小さくて高性能は高くなります)17.3インチは、逆に大きいサイズになりますが、需要や取り扱いが少ないので、価格は高くなります。

      現状は円安や世界的にパソコン出荷台数減少などの影響で引き続き値上がり傾向が続いています。安い機種といっても、現金大幅値引きはほとんどありません。仮に時間指定の特価で出ても瞬殺ですので、プロブラムでも組まない限り買える状況ではありません。一般の方は、買えないと考えた方がいいと思います。少しでもお得に買うには、ポイント還元、無料オプション(セキュリティソフト等)セット、こういったキャンペーンを狙うのが確実です。

    • ひかりTVショッピング
    ※こちらのRSSリーダーはリアルタイム更新ではありません。タイムラグがあります。